福祉の仕事について

何かと話題の福祉事業ですが、福祉関係の仕事には何があるでしょう。
仕事の内容も様々な方面に渡っており、内容も色々あることが福祉の特色です。よく知られている福祉の職について紹介していきましょう。
福祉の仕事で代表的なのは、社会福祉士と介護福祉士です。介護関係、福祉関係の仕事に興味関心を持った方がまず触れる職業といえます。障害のある方や、怪我や病気など様々な理由で福祉の援助を必要としている人に対して、豊富な専門知識に基づいて助言をしたり相談を聞いたりする人です。
福祉事務所や市役所などに籍を置き、生活相談員や児童指導員に従事している方が多いようです。福祉の中でも介護の重要性は今後ともクローズアップされていくでしょう。
介護福祉士はそんな介護現場の第一線で、寝たきりや認知症の高齢者への介護を助ける仕事です。家事のサポートや介助活動が介護福祉士に求められる仕事ですが、お年寄りの介護を行うだけでなく、もっと広い視野での仕事もあります。
介護や福祉を必要としている要介護者や障害者を助ける仕事としては精神保健福祉士もあります。生活の上で必要な援助などについて面談を行ったり、訪問して様子を見たりする仕事です。
仕事というより地域ボランティアとして活動している人が多いのが知的障害者相談員とよばれる福祉の仕事です。
今のところ、日本国内には45万人以上の知的障害者や知的障害児がいるといわれています。知的障害児やその家族、企業など受け入れ体制側を助けるために知的障害者相談員がいます。

【北海道/東北】北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島【関東】東京・神奈川・埼玉県・千葉・茨城・群馬・栃木【中部】愛知・静岡・三重・岐阜・新潟・長野・山梨・石川・富山・福井 【関西/近畿】大阪・京都・奈良・兵庫・滋賀・和歌山 【中国・四国】岡山・広島・鳥取・山口・島根・愛媛・徳島・高知・香川 【九州】福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄