福祉の仕事に就くには

福祉関係の職業を得るには資格が必要になりますが、資格を得るには難易度の高い試験を突破する必要があることが多いようてず。
国家試験に合格しなけれぱ、社会福祉士にはなれません。社会福祉養成施設で社会福祉士の試験資格を得て試験を受けるか、福祉系大学で指定の単位を取ることによって、社会福祉士になれます。
精神保健福祉士は、年1回行われる国家試験に合格する事が必要な資格です。精神保健福祉士の受験資格は保険福祉系の大学を卒業するか、一般大学を卒業後に精神保健福祉士養成施設を卒業する必要があります。
精神保健福祉士養成施設には、指定施設での仕事経験を積むことでも入ることができます。資格の取得のために福祉系大学の通信制講座を利用することで、福祉の仕事についていながら資格取得を目指す人もいます。
福祉事務所長によって推薦を受け、県や政令指定都市から業務を委託されて従事する仕事が知的障害者相談員となります。業務の委託期間は2年間となっています。福祉施設に就職するという形ではなく、自分の住まいを軸に地域に密着した活動をしています。
知的障害者相談員は、基本的には知的障害者の福祉の増進を図るための民間協力者という位置づけです。
過去の経験を生かし、知的障害者の保護者などが推薦されます。現在は、どの福祉の仕事に就くにしても、インターネットなら簡単に情報を集められます。
福祉に関する仕事や資格について書かれた本もあるので、図書館や本屋で調べるという手段もあります。

【北海道/東北】北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島【関東】東京・神奈川・埼玉県・千葉・茨城・群馬・栃木【中部】愛知・静岡・三重・岐阜・新潟・長野・山梨・石川・富山・福井 【関西/近畿】大阪・京都・奈良・兵庫・滋賀・和歌山 【中国・四国】岡山・広島・鳥取・山口・島根・愛媛・徳島・高知・香川 【九州】福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄