就職試験の面接での自己PR

面接試験は、採用試験を行っている会社はほとんど行っており、その骨子は大体同じといえるでしょう。
自己PRは、就職活動中に面接などで幾度となく求められるものです。就職試験における面接では、自分を存分にPRできる場でもあります。自分自身を知ることが、よりよい自己PRにつながります。
自分について掘り下げるには、自分史の作成などが効果的です。小学生の頃から、自分がしてきたことを書き出してみるのもよいでしょう。
中学生時代や高校時代にはどのような部活に打ち込んでいたか、その当時の将来の夢は何だったのか、わかりやすく表にまとめてみると新たな自分が浮き彫りになるかもしれません。
そして、過去の自分はどんなことを考えており、かつては何に向かって活動をしていたのかなどを1つ1つ文字にしていってみてください。自分史を作ることによって、自分がこんな性格をしていたのか、自分は何が好きだったのか、自分の価値観などを改めて確認することができます。
自己分析の結果、なぜこの企業に就職試験を、面接受けようとすることになったのか、ありきたりではなく、自分らしい理由が見つけることに繋がると思います。
無難で堅実な、どこかで聞いたことのあるような模範解答ばかりを期待する会社はありません。他の人にない自分というものを自己PRで表明するため、就職時の面接試験では気をつけつつも大胆に臨みましょう。

【北海道/東北】北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島【関東】東京・神奈川・埼玉県・千葉・茨城・群馬・栃木【中部】愛知・静岡・三重・岐阜・新潟・長野・山梨・石川・富山・福井 【関西/近畿】大阪・京都・奈良・兵庫・滋賀・和歌山 【中国・四国】岡山・広島・鳥取・山口・島根・愛媛・徳島・高知・香川 【九州】福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄