就職時の面接試験について

どのような職種に就くにしても就職活動の中で面接試験は避けては通れないものです。
どの業種での就職活動をするか、どの企業に応募するかで、採用テストの中身は変わります。
例えば、学校の先生や医者、弁護士や理髪師などの仕事は、資格を有していなければならない専門的な仕事に分類されます。
それぞれの業務に対応した資格試験や技能試験をクリアしなければ、仕事にはつけません。これらの試験も、就職する上で必要な試験なため、就職試験の一つと考えてよいでしょう。資格試験は専門知識を問うための共通の試験ですが、各企業が個別に行っている採用試験では、何を求められるかはそれぞれ違います。
ですが、どのような業種の企業であれ、採用試験に面接を含むという点では、ほとんどの会社が一致しているようです。
面接試験というのは、就職に限った試験方法ではありません。中学校、高校など、受験をする際にも行われる重要な試験の一つです。ただし、中学や高校の受験時の面接は短時間で終わるものがほとんどです。しかし、就職をする上での面接試験は受験をする上での面接試験に比べ、かなりの時間を取って行われることがあります。
面接というわずかな時間だけで、会社側は共に働く人材として有用がどうか、履歴書にない部分をチェックするという目的があります。
採用試験での面接がそこそこの時間がかかるのは、このような理由からというわけです。

【北海道/東北】北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島【関東】東京・神奈川・埼玉県・千葉・茨城・群馬・栃木【中部】愛知・静岡・三重・岐阜・新潟・長野・山梨・石川・富山・福井 【関西/近畿】大阪・京都・奈良・兵庫・滋賀・和歌山 【中国・四国】岡山・広島・鳥取・山口・島根・愛媛・徳島・高知・香川 【九州】福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄